拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

あなたが育った町

あなたへ 今度、うちの会社で、 交通量調査をすることになったよ 1日だけ、アルバイトやってみない? 現場は俺と同じところだから、何も心配ないよ あなたのこんな話から、 交通量調査のアルバイトをすることになったのは、 あの子が、間も無く2歳になろうと…

紳士服専門店

あなたへ 紳士服専門店。 私にとって、縁遠いそこへ、初めて入ったのは、 あなたとの結婚が決まった頃のことでした。 スーツ買いに行きたいんだけれど、一緒に選んくれる? そんなあなたの言葉に頷いて、 紳士服専門店に入ったのも、 誰かのスーツを選んだの…

自分へのご褒美

あなたへ 一難去ってまた一難。 こんな言葉があるけれど、 一難がまだ去っていないのに、また一難。 こんなこともあるんだね。 あなたを見送ってからの私は、 幾つくらいの困難を乗り越えて来たのだろう。 その度に、どうにか乗り越えて来た私ですが、 こん…

コトバ -彼女-

「彼がいない寂しさは 少しずつ 薄れていくものなのかなって思っていたよ それなのに いつまで経っても 寂しさは消えないんだ」 『うん』 「笑っていてもね フッて彼の顔が浮かんで寂しくなるの この楽しい気持ちを 彼と共有することは もう出来ないんだなっ…

話がしたいけれど

あなたへ 何日間、あなたと話をしていないだろう。 じっと、カレンダーを見つめて、指を折ってみる。 5年間 + ・・・えっと・・・ やっぱり、やめた。 あなたを見送ってからの私は、いつの頃からか、 あなたと話をしていない間の日数を数えることを、途中で…

名言

あなたへ 私が、歩みたい道をみつけたのは、 あなたを見送り、どのくらいが経った頃だったでしょうか。 とても険しい道のりに、 この道を歩むことは、間違えではないのかと、 時々、後ろを振り返りながらも、 もう後戻りなど出来ないと、何度も自分を奮い立…

コトバ -言葉に出来ないもの-

例えば あの時とかあの時 それから あの時も 彼を見送ってからの私には 度々不思議な出来事が起こった それらのほんの一部だけを 言葉に表現しながらも その殆どは この胸の中へと納めたまま 誰にも話してはいない いや 話すことも文字にすることも出来なか…

餅ピザ

あなたへ お正月のお餅、どんなふうにして食べてます? まだ幾つか余っているんです それなら、餅ピザがお勧めよ 絶対に息子さんも喜ぶわよ そう言って、餅ピザの作り方を教えてくれたのは、職場の方でした。 余ったお餅を使って、餅ピザに挑戦したのは、昨…

月のうさぎ

あなたへ 昨夜は、眠る前に、ベランダに出て、月を眺めていました。 漆黒に浮かぶ丸い光に、 ふと、思い出したのは、幼い頃のことでした。 あれは、私が幾つくらいの頃だっただろう。 あなたと出会うずっと前の、幼かった私には、 月の中に、うさぎが見えて…

家族写真

あなたへ 今のあの子はね、 髪の質は、私に似ているけれど、髪型の好みはあなた似。 鼻は私似って言われるけれど、輪郭も目もあなた似。 指は私に似ているけれど、手が大きなところはあなた似。 骨格は、私に似ている気がするけれど、筋肉がつき易いところは…

あなたが待っていてくれた言葉

あなたへ あなたの夢を見ました。 家に帰って来てくれたあなたを、ギュッと抱きしめて、 想いを伝える夢でした。 愛してる って。 そうしたらね、 あなたは、嬉しそうに、耳元で言ったの。 やっと言ってくれたね って。 思えば、 夢の中で、私の想いを声にし…

甘い誘惑との戦い

あなたへ 早起きが苦手だった私が、時々、寝坊をしながらも、 朝の静かな時間を楽しむようになったのは、 1年と少し前のことでした。 時期によって変わる日の出の時間に、季節を感じたり、 朝の優しい空色を眺めたりと、 そこに小さな幸せをみつけながら、過…

コトバ -冬- 2020

冬の色を 覚えていますか 冬の音を 覚えていますか 冬の匂いを 覚えていますか その瞳に映った景色 その耳で感じた季節 冬の澄んだ空気の匂いを 覚えていますか 一緒に過ごした三番目の冬 出会ってからの月日を見つめながら 同じ未来を思い描いた あの日のふ…

年越し蕎麦

あなたへ なんで大晦日には、蕎麦を食べるんだろうね これは、先日の大晦日に、 蕎麦を食べていた時のあの子の言葉です。 うん、そうだね なんでだろうね 本当にね・・・ 大晦日の日に、蕎麦を食べることに対して、 なんの疑問も持ったことがなかった私は、 …

未知なる世界の扉を開けた日

あなたへ Windows7のサポートが終了します 家のパソコンに、こんな表示がされたのは、 いつ頃のことだっただろう。 まだ期間もあることだし、大丈夫。 そんなふうに自分に言い聞かせながらも、 パソコンに関する知識が全くない私は、非常に焦っていました。 …

年の初めの素敵な1日

あなたへ 昨日は、あなたの実家へ新年の挨拶に行って来ました。 毎年のこの時期、あなたの実家辺りでは、 雪が積もっていることも多いけれど、 今年は雪もなく、私の運転技術でも、安心して、辿り着くことが出来ました。 皆で集まる新年。 今年も、とても賑…

2020年

あなたへ 新しい年が始まりました。 あなたが見ることの出来なかった2020年、始まりの日は、 青空が広がりました。 今年は、あの子にとって、 夢に向かって、大きな一歩を踏み出す年です。 今年のあの子は、どんな成長を見せてくれるのでしょうか。 とても楽…

歩み -2019年-

あなたへ 2019年が終わりを迎えます。 ここ数ヶ月、ずっと慌ただしい日々が続いていた私ですが、 今日は、漸く、少し落ち着いて、 この1年を振り返ることができました。 ゆっくりと振り返ってみれば、 1年間という時間は、本当に人を成長させるものなのだと…

置き手紙

あなたへ 年末の大掃除しようよ 珍しく、自分から大掃除の提案をしてきたあの子。 これまでに見たことがなかったほどのあの子のやる気に、 私も、今年は、念入りに掃除をしようと張り切ったのでした。 やる気モード全開で、 掃除用具を片手に、家の中を動き…

秘密基地に似た場所

あなたへ 私が運転免許を取ってから、 まだ間もなかった頃のことを思い出していました。 念願のマイカーを購入し立てだったあの頃。 私にとっての車内とは、 自分だけの秘密基地に憧れていた、 幼かった頃の気持ちを思い出させてくれるような場所でした。 お…

クリスマスプレゼント -2019-

あなたへ 若かった頃のあなたと私が、 笑い合っている夢を見ました。 あれは、結婚する前の私たち。 とても楽しそうに笑う2人を、 温かな気持ちで見守るような、そんな夢でした。 ねぇ、あなた。 私たちにも、あんな頃がありましたね。 夢の中の初々しい2人…

トナカイ帽子とサンタクロース

あなたへ トナカイの帽子を嬉しそうに被って、クリスマスの日を楽しみにしていた、 幼かったあの子の姿を覚えていますか。 あれはまだ、 幼稚園へ上がる前の頃のあの子だったでしょうか。 クリスマス用品が店頭に並んだ頃に買ってあげたトナカイの帽子を、 …

男の子の食欲

あなたへ 男の子は、 中学生くらいから食べる量が増え始めるのよ これは、いつかの先輩方の言葉です。 あなたを見送り、 どれくらいが経った頃からだったでしょうか。 先輩方の話の通り、 成長と共に、あの子の食事の量は増え始め、その食欲に驚く毎日でした…

クリスマスパーティーの翌日に

あなたへ 今年のクリスマスパーティーも、とても楽しかったですね。 あの頃と同じように、あなたの席を準備すると、 あの頃と何も変わらないあなたが、 そこで笑っているような気がしました。 昨日は、きっと来てくれたあなた。 ありがとう。 あの子の成長と…

招待状

招待状 クリスマスパーティのご案内です。 是非、来てくださいね。 日時:2019年12月21日(土曜日)18時30分より 場所:家族の部屋にて 軽装でお越しください。 毎年、24日に行っていたクリスマスパーティーですが、 昨年より、日時を変えてのパーティーとな…

好きな人

あなたへ 誰かいい人、いないかな 誰かのそんな言葉に、 懐かしいような気持ちを抱きました。 思えば、過去の私も、 同じような台詞を口にしたことがあったのでした。 懐かしく感じる響きの言葉を反芻しながら、 想う人がいなかった頃の気持ちを思い返してみ…

小さな声の約束

あなたへ この時期になると、手荒れしてしまう私。 洗い物をする時に、お湯を使うせいなのでしょうか。 肌が弱い私にとって、手荒れは、この時期の悩みの種です。 私の手をまじまじと見つめ、 手、どうしたの?荒れてるね 今度、洗い物、俺がやってあげるよ …

氷柱ができる場所

あなたへ こちらでは、冬の訪れを感じる季節となりました。 よく景色を見渡してみれば、 赤や黄色に色付いていた木々たちも、 冬を迎える準備を始めているようです。 外の冷たい空気に身を竦めながら、思い出していたのは、 剣みたいな氷柱のことでした。 あ…

目薬

あなたへ 先日、仕事中に、 突然、目に違和感を感じました。 パソコンや、携帯電話。 目を酷使し過ぎたせいかと思いながら、1日を終え、 夜になり、よく鏡を見てみると、 ものもらいが出来ていました。 疲れていたのでしょうか。 早速、ものもらいのに効く目…

専属運転手

あなたへ 近頃の私は、 あの子の専属運転手かのような日々を過ごしています。 仕事から帰ると、早々に、 ここに連れて行って欲しいんだけど なんてあの子の言葉に、 えー?今、帰って来たのに って、 そう言いながらも、また車へと逆戻りです。 特に狙われる…