拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

手紙

お父さんになった日

あなたへ どんなに頑張っても、私は、あなたには、なれませんでした。 あなたを見送り、 あなたの分まであの子を守ると決めた私は、 時に、あの子のお父さんにならなければならないのだと、 努力を重ねながら、 私は、あなたになることは出来ないのだと知っ…

あなたへ あれは、あなたと結婚し、どれくらいが経った頃だったでしょうか。 あなたが側にいる時に、 変わったばかりの姓で呼ばれた私が、 返事をした日のことを思い出していました。 あの時のあなたは、とても嬉しそうな顔で言いましたね。 すぐに返事する…

財を持つ人

あなたへ あの子が通った小学校の近所にある駄菓子屋さんを覚えていますか。 近所の小中学生で賑わい、あのお店の周りには、 いつでも、たくさんの子供たちが集まっていましたね。 あの子もまた、他の子たちと同じように、 あのお店へと出入りするようになっ…

咲き始めた桜を観に

あなたへ 今年は、桜の開花が早い見込みだそうですよ こんな手紙を書いたのは、先月のことでしたね。 寒がりな私にとっては、この冬も十分過ぎるほどの寒さでしたが、 やはり、暖冬だったのでしょう。 今年のこちらでは、もう、桜が咲き始めましたよ。 手帳…

終わりの時

あなたへ 俺さ、高校を卒業したら、 武道辞めようかと思っているんだけれど、 どう思う? あの子が小学生の頃から、8年間続けて来た武道ですが、 高校卒業を機に武道も卒業し、 その経験を生かして、別なことに挑戦してみたいと、 こんな相談をされたのは、 …

年を重ねる -2020-

あなたへ 今日、無事にまたひとつ、 年を重ねることが出来ました。 あなたを見送り、6回目の私の誕生日は、 青空が広がり、とても暖かで、気持ちの良い1日でした。 あなたよりも2つ年上になりましたよ 空を見上げ、小さく呟いた私の声は、 暖かな風に乗って…

あなたが見ることの出来なかった景色

あなたへ あなたが経験出来なかったこの年齢になり、 変わったことと言えば、 これまで、特に好まなかったお味噌が好きになったことでしょうか。 なんて言ったら、あなたは笑うのでしょうか。 年取ると、食の好みが変わるって言うよね って。 あなたの年齢よ…

マスク作り

あなたへ 私はもう、疲れてしまいましたよ。 何がって、マスク探しをすることです。 10年前の記憶を元に、マスクを多めに購入したよ あなたにこんな手紙を書いたのは、1月の頃でしたね。 あれから、暫くが経ち、売り場からマスクが消え去り、 その光景に、恐…

お褒めのお怒り

あなたへ もう!困るよ!お母さん! 私は、いつから、あの子のこんな言葉が聞けるようになったのだろう。 これは、 食事が美味しかった時に、あの子の口から発せられる言葉です。 お腹いっぱいだけれど、おかわりしたい。 でも、太るかな。 あの子の中では、…

6年前のあなた

あなたへ 今朝、通勤途中に、正装をしたご夫婦が、歩く姿を見かけました。 今日は、小学校の卒業式だったようです。 今日のこちらでは、 卒業式によく似合う青空が広がりました。 天気が良くて、良かったですね そんな想いで、 小学校へ向かうご夫婦の姿を眺…

あなたと過ごした週末

あなたへ あぁ、そうだった。 この週末は、あなたが帰って来てくれているんだった。 こんな幸せな気持ちから始まる夢を見ました。 我が家の家族の部屋。 あなたとあの子と、家族3人で、ゆっくりと寛ぎながら、 テレビを観たり、のんびりと休日過ごす夢でした…

虹色の奇跡

あなたへ 今月の11日に、東日本大震災から9年を迎えました。 たくさんの悲しいことがあったあの出来事は、 決して忘れることが出来ませんね。 丁度、9年目を迎えたあの日、 地震があった午後2時46分過ぎに、 被災地で、虹が掛かったとのニュースを目にしたの…

13日の金曜日

あなたへ 今日は、13日の金曜日です。 13日の金曜日は、何かが起こる 私が初めてこんな言葉を聞いたのは、 まだ幼い頃のことでした。 幼い頃は、 その言葉に、何か恐ろしいことが起こるのではないかと、 意味もなく怯えていた私でしたが、 これまで、何度も…

3年前の想い

あなたへ いつでも、 思い描いていた未来とは、違う未来が訪れるのが、 人生でありましょう。 3年前の私が思い描いていた、いつかの未来とは、 違った形で訪れた小さな出来事に、なんだか、笑ってしまいました。 3年前。 あの子が中学校を卒業した日に、 未…

異常事態

あなたへ こちらでは、新型肺炎が流行っています。 こんな手紙を書いたのは、1月のことでしたね。 新型肺炎とは、コロナウイルスによる感染症のことで、 特効薬は、開発中だそう。 あれからのこちらでは、 とても大変なことが起きています。 あの頃は、たく…

新しい宝物

あなたへ 先日の、あの子の卒業式の日に撮った写真を眺めていました。 校門の前。 あの子と2人で撮ったこの写真は、 新しく加わった私の宝物です。 校門の前で写真撮らせて? 卒業式が無事に終わり、あの子と一緒に歩きながら、 あの日の私は、そんなお願い…

車の中

あなたへ 私が、初めて、車を運転中しながら泣いたのは、 あなたが入院し、間も無くの頃のことでした。 あなたは、よく風邪を引いたけれど、健康で、 それまで一度も、入院したことなど、ありませんでしたね。 交通事故に遭ったこともあったけれど、 あなた…

卒業式

あなたへ 高校の3年間は、あっという間よ これは、いつかの先輩の言葉です。 学校と親との関わりが格段に薄くなり、 高校の3年間は、親にとって、 とても早く感じるのだと、話してくれたのでした。 この3年間のことを、振り返っていました。 私の中で一番印…

特別な土曜日

あなたへ 閏年ってさ、1日、得した気分だよね これは、いつかのあなたの言葉です。 あの頃の私は、あなたの言葉に、思わず笑ってしまったけれど、 あれからの私にも、 4年に一度の2月29日が、特別な日に見えたのでした。 今年は閏年です。 今日は、2月29日 …

梅の木

あなたへ あなたは、知っていましたか。 あの頃、3人でよく遊んだ近所の公園にね、梅の木があるの。 春には、桜のピンク色。 秋には、銀杏の黄色に色付くあの公園にも、 ほんの少しだけ、梅の木があることを、 私は、先日、初めて発見しました。 まだまだ冷…

四季を楽しむということ

あなたへ 冬の寒さと、日の短さが好きにはなれなかった私ですが、 会社からの帰宅時間に、車内で大熱唱するようになったのは、 昨年末頃からのことでした。 夕方には、仕事の疲れもありますが、 帰りの車に乗り込む時には、 大好きな歌が歌えると、 ウキウキ…

18歳

あなたへ 生まれたての、 小さなあの子の温もりを覚えていますか。 あなたを初めて、 パパと呼んだあの子の声を覚えていますか。 あなたと離れるのが嫌で、会社へ行くあなたを、 玄関で、泣きながら見送った、あの子の姿を覚えていますか。 幼稚園バスの中か…

幸せの音

あなたへ あなたを見送り、 自分の好きなことを忘れてしまっていた私が、 手芸を好きな自分を思い出したのは、 いつのことだったでしょうか。 あれからの私は、時間を見つけては、 あの頃と同じように、手芸を楽しむようになりました。 作っても、作っても、…

愛妻弁当

あなたへ 子供が高校生になると、旦那のお弁当も作るようになるのよね こんな話を聞いたのは、あの子が高校生になってから、 どのくらいが経った頃だったでしょうか。 皆の談笑に耳を傾けながら、 もしも、あなたが此処にいてくれたのなら、 私も、皆と同じ…

空から目が離せないままに

あなたへ 晴れた空はいいですね。 ずっと眺めていても、全然飽きない。 青空に浮かぶ雲は、人間と似ている気がしませんか。 同じ雲でも、みんな形が違うの。 空を流れながら、形を変えるところも、 なんだかとても、よく似ている気がします。 だって、 昨日…

名もなき食べ物

あなたへ 先日作った、まん丸のおにぎり。 あの子がね、 何これ?食べやすくていいねって、 初めて見たかのような反応をしたの。 どうやらあの子は、 あの頃の、まん丸のおにぎりのことは覚えていないようでした。 これは、お父さんが作ってくれたものを真似…

まん丸のおにぎり

あなたへ いつも、あなたの場所へお供えするのは、 小さな器に盛り付けたご飯ですが、 今日は、まん丸のおにぎり。 このおにぎり、あなたは、覚えていますか。 今日の私が、このおにぎりを作ったのは、 忘れもしない、あの頃のことを思い出したからでした。 …

バレンタインデー -2020-

あなたへ 愛しています。 あなたに手紙を書きながら、 私は何度、この言葉を伝えたでしょうか。 何度も伝えているはずなのに、 やはり今日の私は、あなたに、この言葉を伝えたい。 愛しています と。 だって今日は、バレンタインデー。 特別な日だから、 特…

記憶のカケラ

あなたへ あの時のこと、覚えてる? あの子と2人で、あなたとの時間を振り返りながら、 時々、あの頃の話をします。 私たちそれぞれの胸の中に刻まれた、あの頃の思い出。 視点が変われば、きっと、 その脳裏に焼き付くものも、変わるのでしょう。 あの子の…

オレンジ色のゴーグル

あなたへ 先日のあの子は、友達と一緒に、スノーボードに出掛けました。 あなたを見送ってから、何度目のスノーボードでしょうか。 あの頃よりも、随分、上達したようですよ。 帰宅早々に、雪山での動画を見せてくれたあの子は、 今年もまた、楽しかった様子…