拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

拝啓、空の彼方のあなたへ 

 あなたへ

 

あの夏にあなたを置いたまま、

もうすぐ2年が経ちます。

 
長かったのか、短かったのか、
早かったのか、「やっと」なのか
 
よく分からないけど、もうすぐ、
節目を迎えます。
 
あなたの最後の記憶のあの子は、
私たち3人の中で1番小さかったけれど、
今は、私の身長を越し、
もうすぐで、あなたの身長に届きそうです。
 
もしも、あなたが大きくなった今のあの子を見たら、なんて言うだろう。
 
想像したら、可笑しくなっちゃいます。
 
きっと、
「俺の身長越したら、膝曲げて歩けよ」って笑って、
あの子の頭を撫でるのでしょう。
 
小さかったあの頃のように。
 
 

あなたは今、どんなところにいますか?

そちら側で、仲間は見つけましたか?
 
私は、今日もあなたを想いながら、
こちら側で、生きています。