読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

生きること

あなたへ
 
あなたをそちら側へ送り出してから、
「死」 に対しての考え方が変わりました。
 
何というか・・・
 
怖いものではなくなりました。
 
あなたに逢いたい。
 
別に、死にたいと思っているわけではないけれど、
「あなたのところに行きたい」
という事は、そういう事になってしまいますね。
 
 
そんなある時、あなたは、夢に出てきて言ってくれましたね。
 
まだ、こちらに来てはいけないよ と。
 
 
あなたは、二度も心臓が止まりかけながらも、懸命に生きようとしていた。
意識はなかったけれど、戻って来ようと必死だったのですね。
 
あなたのそんな姿を思い出しながら、
時間は掛かりましたが、
ようやく、前向きに生きられるようになりました。
 
 
 
少しずつ、前向きに考えられるようになって、
気が付いた事があります。
 
あなたの分身であるあの子。
 
成長と共に、どんどんあなたに似てきました。
顔の輪郭、おでこ、手、筋肉の付き方まであなたにそっくり。
 
あなたがいたらきっと、2人で筋肉自慢でもし合うのでしょうね。
 
大丈夫。まだあなたの方が勝ってますよ。
 
 
あなたは、私を置いて、逝ってしまった。
 
でも、かけがえのない家族をくれました。
 
「1人じゃない」
心からそう思います。
 
あの子に出会わせてくれたあなたに、ありがとう。
 
 
 
 
 

ありのままを生きる [ 東後勝明 ]