拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

授業参観のこと

あなたへ

 

 

先日、授業参観がありました。

 

人並みに反抗期を迎えたあの子だけど、
授業参観には、来て欲しいんですって。

 

小さかった頃みたいに、私を見つけて、笑顔を向けてくれたり、

小さく手を振ってくれる事はないけれど、
何となくソワソワと、

 

来てるだろうか と


後ろを気にして、目の端に私を見つける様子に、可愛さを感じます。

 

姉妹で育った私。


男の子の兄弟はいなかったから、
反抗期の男の子は、苛立ちから、

家の中で大暴れするものなのではないかと思っていました。

 

 

あなたはきっと

 

そんなの偏見だよ

 

って笑うでしょうね。

 

 

そうですね。

 

偏見でした。

 

 

時々、反抗し、そうかと思えば、甘えてくる。

 

急に大人みたいな振る舞いをしたり、子供に戻ったり。

 

 

でも、やっぱりあの子は優しいです。

 


親にくっついたり、離れたり、


繰り返して・・・

 

繰り返して・・・

 

そうやって、親元から、巣立つ練習をしているんだと思いました。

 

 

いつか来る巣立ちの時。

 

いつでも戻っておいでって、笑顔で送り出せるように、

私も強くならなきゃなって、思います。

 

あの子が安心して、何処へでも好きなところへ行けるように。

 

 

え?

 

私1人で大丈夫かって?

 

 

 

大丈夫ですよ。


だって、私はあなたの妻ですから。