読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

バイクのこと

あなたへ

 

 

最近、あの子は、バイクに興味を持ち始めたようです。

 

バイクの雑誌を買ってきては眺め、


将来、自分が乗りたいバイクのプラモデルを作っては、眺め、


あの子のバイクの知識はどんどん増えていきます。

 


そして、私に、バイクの色々な事を教えてくれます。

 

一緒に雑誌を見ては、色々と話を聞いてみますが、

正直なところ、
どのバイクも同じに見えてしまい、
これでいいのかと悩んでしまいます。

 

バイクには、全く興味のない私。
そして、「危ない」の認識が強く、
出来れば乗って欲しくないのが本音。

 


あなたがいてくれたら・・・

 

何度も思った事だけれど、

やっぱり、こんな時、
あなたがいてくれたら、
バイクのいいところ、たくさん聞かせてくれたのでしょうね。

 

 

あの子が免許を取れる年齢になったら、すぐにでも、免許を取りたがるでしょう。


そう考えると、今から、とても心配です。


「本当に安全に乗れる?」


きっと、何度も聞いてしまうんだと思います。

 

 

あなたがいてくれたら・・・

 

あなたは、あの子がバイクに乗りたいと言っても、絶対に反対しないのでしょうね。

 

それどころか、

かっこいいパーツを見つけては、

あの子にプレゼントするでしょうね。


そして、しまいには、自分のバイクまで買って、

あの子とバイクで出掛ける約束をして、

その日を楽しみにバイクを磨いちゃったりするに決まってます。

 


だから、


あの子は、あなたの子だから、大丈夫。


そう信じて、


いつか、あの子がバイクに乗れる時が来たら、

反対はしないであげようと思います。

 

父親らしく、いつでも
どんと構えていたあなた。


私もそんな度胸をつけなくちゃって思います。