読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

聞かせたい言葉

あなたへ

 

 

先日、あの子と、ゆっくりと話をする機会がありました。

 

おしゃべりなあの子なので、いつも、たくさんの話をしますが、
もっとゆっくり、家事の片手間ではなく、向き合って話をしました。

 

学校の事、友達の事、あなたの事、あの子が今より少し小さかった頃の事。

色々な話をしました。

 

そんな中であの子が言いました。

 

「お父さんとお母さんの子で、本当に良かった」

 


あの子がまだ、今よりもずっと小さかった頃に、あなたは言いましたね。

 

親は誰も、子供の為に一生懸命だけれど、その子育てが正解だったかどうかは、

その子が大きくなって、その子が決める事だと。

 

子育てについて、いつも、あなたと2人、手探りで、
どの答えがあの子にとって、一番幸せなのか、それだけを考えてきましたね。

 

私達の子育ては、今のところ、正解のようですよ。

 

あなたがいてくれたら

 

あの子の言葉に、あなたは、きっと、照れながら、
俯きがちに、「そっか 」って、小さな声で、返事するのでしょうね。

 

そして、あの子が寝た後で、私に言うのでしょう。


「よかった 」って、何度も、嬉しそうに。


そして、あの子の小さかった頃の話や子育てで、苦労した事なんかを2人で話し、

やっぱり最後には満足そうに、よかったって、言うのでしょうね。

 

あの子の言葉、あなたにも聞かせてあげたかった。

 

あなたの嬉しそうな顔が目に浮かびます。

 

あの子は、とてもいい子に育っていますよ。


だから、安心して、見守っていてくださいね。

 

 

 

 

 

絵本ナビで無料ためしよみ