読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

コトバ -夏の音-

 

夏の音が聴こえる

そうか 梅雨が明けたんだ

大好きな夏が来た

 

彼とは 夏に出会った

暑い夏の夜に出会って 恋をした

 

それからの夏は より一層 特別な季節に変わった

 

夏に出会って

夏にいなくなった

 

あれから 2回目の夏

 

やっぱり夏は好きだけれど

 

苦しくて 何だか 悔しくて 逢いたくて 涙が出る

 

だから私は 空を見上げる

 

この空の彼方 きっと彼がいる

 

雲の隙間から


時には笑って 時には心配そうに

 

こちらを 覗き込んでいる彼を想像する

 

元気ですか? って

 

青く澄み渡った空に声を掛けても
返事は聞こえないけれど

 

そうして空を見上げているうちに涙が乾く

 

そしてまた夏の音が聴こえてくる

 

彼がいなくなった日も こんなふうに暑かった