拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

星空の下で

あなたへ

 

先日、あなたの実家に、お泊まりしてきました。

 

天気がよく、夜は星空が綺麗でした。

 

あなたの実家には、あなたも一緒に、何度も泊まったけれど、

なぜかあの頃は、ゆっくり星を眺めてみようなんて、思った事もなかった。

 

あなたが昔、まだ、私と出会う前に、
星空があまりにも綺麗で、

一晩中、庭に寝転がって、星を眺めていた事があったなんて、

話してくれた事を思い出し、あの子と2人、庭に出て、星を眺めてみました。

 

あなたが一晩中、星を眺めていた気持ちが凄く良く分かりました。

 

真っ暗な中、星だけが宝石みたいに輝き、手を伸ばせば、届きそうだった。

 

若かったあなたと、同じ星を見ている。


その感覚は、とても不思議なものでした。

 

あの子と2人、星空を見ていたら、ふと、あなたが、側にいるような気がした。

 

「あの星はね」って、あなたの声が聞こえる気がして、

いつまでも、星を眺めました。

 

星空の下、あなたに逢える場所を見つけた気がしました。

 

 

 

 

 

 

ビクセン 屈折式天体望遠鏡 ポルタ2 (ポルタII) A80Mf 【送料無料】【smtb-s】【RCP】