拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

インチキ仙人

あなたへ

 

あなたがこちらにいた頃は、
時々、仕事の悩みを聞いてもらいましたね。


あなたの答えは、いつでも、

余計な事を全て削ぎ落とした、シンプルで、的確なものでした。


あなたの、そのスマートなアドバイスには、何度も助けられました。

 


最近、ちょっと困っている事があります。


あなたなら、どんなアドバイスをくれるだろうかと、

あなたが言いそうな言葉を色々考えてみたけれど、
どれも、ちょっと、違う気がします。


もしも、今、あなたと逢う事が出来たとしたら


何度、想像してみても、
あなたは、ふざけた、わざとらしい白い髭なんかを付けて、


人間よ 悩むのもまた人生


なんて、仙人みたいな出で立ちで、

ありがたいお言葉をくれるあなたの姿が、目に浮かび、

笑ってしまいます。


だって、あなたの顔がニヤけてる。


あなたの場合、インチキ仙人にしか見えませんよ。


何度も、インチキ仙人が、頭に浮かぶうちに、

今まで困っていた事が、大した悩みでもないような気がしてきました。


これが、あなたの答えでしょうか。

 

 

口に出してみると、意外と、大した問題でもない事もあるよ。
いつか、あなたが、そんな事を言ってくれた時の事を思い出しました。

 

あの時は確か、深刻な悩みを抱えて帰ったはずだったのに、

あなたに話しながら、大した問題ではなかったと気付かせてくれた時でしたね。

 

また、今回もあなたに助けてもらいましたね。


ありがとう。

 

 

 

 

 

>リラックマ てのりぬいぐるみ(キイロイトリ仙人) 02P03Dec16