拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

前髪 2

あなたへ

 

あれから、また前髪が伸びてしまいました。


あなたみたいに、上手に切れるように、
この2年、何度も挑戦中。


2年前よりは、上手になった気もするけれど、
やっぱり、あなたには、敵わない。


あなたの切り方を真似しているつもりなんだけどな・・・


いつも、ちょっとだけ曲がってしまう私の前髪を見たら、
あなたに、笑われてしまうでしょうか。


変だよね?


切りたての前髪に納得がいかなくて、
あなたの遺影に話しかけると、

あなたは、必ず、
何か言いたそうな、可笑しそうな顔で、こちらを見つめていますね。


あなた、本当は、笑いを堪えています?


「何?その前髪」

 

なんて、声が聞こえそうで、
ちょっと、悔しくて、寂しくて、
やっぱり、あなたに逢いたくなってしまう。


いつか、上手に切れた時には、
もっと、別な顔を見せてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

~洗うたび、髪が甘い恋をする~チョコレートシャンプー