拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

コトバ -雲の階段-

雲に乗る事ができたらいいのに


それは小さな頃の私の夢だった


友達と一緒に空を見上げて


どの雲に乗ってみたいか


空想した事が懐かしい

 

 

もしも 雲に乗る事ができたら


彼のところまで 雲の階段を作って 逢いに行こう


彼の好きだった お菓子とジュースを バスケットいっぱいに持って

 

雲の階段を上る


久しぶり なんて 声を掛けたら 

 

きっと驚いて


そして


嬉しそうに笑ってくれるだろう


雲の階段を登って 逢いに来たんだよ


そんなふうに言ったら きっと彼なら


雲のエレベーターを用意してくれるかも知れない


これならもっと早く来れるよ なんて笑って


そして


今度来る時には


コーヒーを淹れて来て欲しいな って言うんだ

 

 

小さな頃のように


空を見上げる

 

空の彼方 きっと 彼はそこにいる


青空が見えた朝は


なんだかちょっと 楽しい気持ちになる

 

さあ今日も1日頑張ろう