拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

おじいちゃんの記憶

あなたへ


先日、あの子と一緒に、マスカットを食べながら、

ふと、思い出し、
20年前に亡くなった、私のおじいちゃんの話をしました。


私が、小さかった頃、おじいちゃんは、庭で、マスカットを育てていてね。
おじいちゃんの家の近所に住んでいた、

私と同じくらいの年頃の女の子と一緒に、遊んでいるところに、
マスカットを一房ずつ、持ってきてくれたんだよ。


小さかったから、一緒に遊んでいた子の名前も覚えていないけれど、
おじいちゃんが、マスカットを、蔓から切って、持ってきてくれた事だけは、

よく覚えてるんだ。


そんな私の話にあの子は、言いました。


誰かがこの世からいなくなっても、
他の誰かの記憶にその人の記憶が残っている間は、

まだ、本当には、死んでいなくて、
それは、きっと、生きているって事だと思う。


たくさんの時間が過ぎて、この世の誰の記憶にも、残らなくなった時が、

本当に、人が死ぬ時なんだと思うよ。

 

僕も、そのマスカット、食べてみたかったな と。

その言葉に、私には、あなたが見えました。


あの子の輪郭、手、筋肉のつき方、
あなたにそっくりなところが、たくさんあるけれど、
あの子の言葉や感覚にも、時々、あなたが見える事があります。


あの子には、確かに、あなたの血が流れているんですね。


あなたは、そちら側にいるけれど、

また、こちら側にもいる、と言う事でしょうか。


あの子の言葉は、私の中に、静かに入り込み、あなたを想いました。