読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

外食

あなたへ

 

今日は、あいにくの雨でしたが、

久しぶりに、あの子と一緒に、ショッピングに出掛けました。


それからね、
あなたを送り出して、初めて、あの子と外食をしました。


あなたがこちらにいた頃は、よく食事に連れて行ってくれましたね。


休日や、それから、あなたの仕事が終わってから、

突然に電話をくれて、今から食事に出掛けよう なんて、

誘ってくれた事もありましたね。


家族3人。
本当に、楽しかった。


本当に、楽しかったから、あなたのいない外食は、ずっと、避けてきた私。


でもね、どうしてでしょうか。


今日は、あの子と2人。外食する事にしました。


食事をしながらの、あの子との話題の中心は、あなたの事で、

あなたの好きだった食べ物の話をしました。


ここにいなくても、やっぱり、私たちは3人家族。


そう思える時間を過ごす事が出来ました。


家に帰ってから、あの子は、何度も、

今日は、楽しかったね。ありがとう。って、笑顔で言ってくれました。


あなたを送り出し、あなたとの楽しかった色々な事を避けてきた私だったけれど、

それは、間違えだったのかも知れませんね。


今日は、あの子の笑顔に、気付かされました。