読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

タイヤ交換のこと

あなたへ


昨日、スタッドレスタイヤを買いに行きました。
タイヤの交換もしたし、これで、雪の日も一安心です。


自分でタイヤを買いに行く事も、タイヤ交換をしてもらう事も、

全部が、初めてで、実は、緊張してしまいました。


タイヤの準備も、交換も、あなたがこちらにいた頃は、

何も心配なんて、した事なかったもの。


雪の予報が出ると、庭でタイヤ交換をしてくれるあなたのかっこいい姿、

今でも、よく覚えています。
寒い なんて、言いながら、温かいコーヒーよろしくね なんて、

笑っていたあなたの笑顔も、よく覚えています。


あなたが、いてくれたから、何も心配なんてした事なかった。


守ってくれて、ありがとう。


あなたをそちら側へ送り出し、3度目の冬を迎えますが、実はね、
最初の2回の冬は、タイヤの交換は、しなかったんです。
何となく、行きそびれてしまって・・・


運良く、雪の日に運転する事はありませんでしたが、

今年は、私にとって、タイヤを交換するという、小さな一歩を踏み出しました。


タイヤを買いに行く事も、交換に行く事も、

きっと、大した事じゃないのかも知れませんが、

私にとっては、またひとつ、小さな成長です。


あの子がね、言ったんです。
俺が、タイヤの交換してあげるよって。
お父さんの子だから、
俺もきっと出来ると思う ですって。


あなたがタイヤの交換をしている様子を見ていたから、

きっと、自信があったんですね。
でも、あの子はまだ、子供だし・・・


今回は、あの子の申し出には、丁重にお断りしましたが、
あと何年か過ぎたらきっと、いつの間にか、何処からか覚えてきて、

タイヤの交換も出来るようになっているのかも知れませんね。


あなたが側にいなくても、あなたを追いかけるあの子に、

微笑ましく、そして、とても頼もしく思いました。


毎日、少しずつ成長するあの子の姿、
きっと、あなたも見ていてくれてますよね。