読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

怪しい写真

あなたへ


近頃、とても寒くなってきて、朝起きるのが、辛い時期になってきました。
こんなふうに寒くなるとね、
思い出す写真があります。


外仕事だったあなたは、寒くなると、厚着をして、

仕事に出かけていたけれど、
あれは、何年前だったでしょうか。


仕事中の私に、突然、写真を付けてメールを送ってくれましたね。
寒いから、こんな格好で仕事してるよ
なんて、あなたの写真付きで。


何枚も着込んだ上から、防寒着を、

頭には、ニットの帽子、その上から、更にフードを被って、
ネックウォーマーに、マスク。


暖かい環境での仕事の私は、

なんだか、あなたに、申し訳ないと思いながらも、
傍から見たら、とても怪しい雰囲気のあなたの写真に、

会社でひとり、笑ってしまいました。


家に帰って、あなたと、写真を見返して、一緒に笑いましたね。


あの日は、風が冷たく、とても、寒い日でした。


どんなに寒くても、

どんなに暑くても、

弱音ひとつ吐かずに、頑張ってくれたあなた。


あの怪しい写真は、そんな頑張り屋なあなたの、証拠写真です。


でもね、思い出すだけで、今でも、笑ってしまいます。


そして、頑張ってくれたあなたに負けないように、

私も頑張ろうって、思います。


寒い時期になると、毎年思い出す、素敵な写真を、ありがとう。