読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

温かい言葉

あなたへ


先日、


「ご主人は、きっと、いつも側にいると思いますよ。」


こんなふうに、言葉を掛けてくださった方がいました。
その言葉は、優しく、私の中に、染み込んでいきました。
とても、心が温かくなる言葉ですね。


思えば、

本当に、苦しい時、

どうしようもなく、あなたに逢いたくなった時、

ふと、あなたを感じる事があります。


それは、いつでも、何の核心も持てないくらいに、とても微かなもの。


本当は、側にいてくれているのでしょうか。


時々ね、思うのです。
私に、特別な力があったのなら、あなたと、話ができるのかな って。


でも、きっと、それは、違いますね。


私の事をよく知っているあなただもの。


もしも、私が、あなたの存在を、はっきりと認める事ができてしまったら、

あなたのいる場所に逝きたいと、そんなふうに、思ってしまう。


だから、きっと、あなたは、その気配を隠し、そっと、私に気付かれないように、時々、寄り添ってくれているのでしょう。


私が、元気を取り戻すまで。


あなたは、そんな人でしたもの。


見ていない振りをしながら、よく見ている。


落ち込んだ時には、いつの間にか、寄り添ってくれている。


そんなあなたの側にいる事は、いつでも、心地良かった。


時々感じる、あなたの側にいた時のような心地よさ。


きっと、それは、隠しきれなかった、

微かな、あなたなのかも知れませんね。


先日、掛けて頂いた、温かな言葉に、そんな事を思いました。