読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

コトバ -星空-

今夜も星が綺麗だった

澄んだ空気に光るオリオン座を見つけた

 

「オリオン座しか覚えていない」
いつかの星空の夜
彼にそんな話をした事を思い出す
あの時 彼は星座を教えてくれたんだっけ


あの星はね


見える?


あっちの星がね


そうだあの時 彼は北斗七星やおおぐま座を教えてくれたんだ


北斗七星は習ったけれどおおぐま座は習ってないよ


えっ 習ったはずだよ


私だけ習ってないんだよ


笑いながらそんな会話をした事を思い出した


楽しかったな


ふとしたきっかけで 

その時の
彼の言葉を 彼の声を 思い出す


どんな時も一緒にいてくれた彼


元気にしていますか


小さく呟いた私の声は彼に届いただろうか


星空の下 目を閉じたら
彼がすぐ側にいる気がした