読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

一粒の涙

あなたへ


あなたが流した、一粒の涙を忘れられません。


それは、あなたの容態が急変し、間も無くの事でした。


あの時のあなたは、話をする事も、その瞳に私達が映る事もなかったけれど、
あの日、あなたは、一粒の涙をこぼしました。


生きたい


その涙は、あなたの「声」となり、私のところまで、届きました。


体調を崩し、時々、後ろ向きなあなただったけれど、

あの一粒の涙に、あなたの本当の気持ちが見えました。


あなたの手を握りながら、

あなたの為に、何もできない事が、もどかしかった。
私の寿命を、あなたに半分、分けてあげる事ができたのなら、

喜んで、そうしたでしょう。


健康で、毎日を過ごす事。
それは、当たり前の事なんかじゃなくて、毎日が奇跡なのかも知れませんね。
日々の忙しさに、時々、疲れてしまうけれど、

そんな時、精一杯、生きた、あなたの姿を思い出します。


あの時のあなたの為に、今の私は、何が出来るでしょうか。


一粒の涙を思い出しては、時々、そんな事を考えます。