読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

新しい場所

あなたへ


此処に引っ越してきて、1週間が経ちました。


あなたと過ごしたあの家で使っていたものに囲まれたこの家の中は、

思っていたよりも違和感がなく、

少しづつ、此処での生活にも慣れてきました。


あなたが作ってくれた電子レンジを置く棚だけはね、

解体せずに此処に持ってきたんですよ。


電子レンジと炊飯器を並べて置ける棚が欲しいな
色は白がいい


色も、大きさも、高さも、

全部私の要望通りに、作ってくれましたね。


この棚を作ってくれたあなたの姿、

今でも、よく覚えています。


真剣に、長さを測る横顔も、木を切る姿も。


白のペンキは、あの子と2人で、楽しそうに、塗ってくれましたね。


あの日は、とてもいいお天気で、

あなたとあの子の笑い声を聞きながら、お昼ご飯の支度をしたんでしたっけ。


あなたお手製のこの棚は、

とても、使いやすくて、お気に入りの棚。
これからも、ずっと、大切にしますね。


この家の、一番広くて日当たりの良い部屋は、

家族3人の部屋にしました。


あなたの場所はね、
テレビが観やすいところにしましたよ。
テレビが大好きだったあなただから、
きっと、気に入ってくれる場所。


テレビを観て、ゆっくりとくつろぐ、あなたの姿が目に浮かぶようで、

この部屋が、一番のお気に入りです。


此処はね、
ほんの少しだけ、空に近い場所。
窓を開けると、星空が綺麗で、静かなところです。


今夜も、星を眺めながら、あなたを想いました。