読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

季節外れの雪の日に

あなたへ


今日のこちらは、季節外れの雪が降りました。
冬に逆戻りした寒さに、何だか、ちょっぴり、寂しくなりました。


あなたは、覚えていますか?
一時期、ガソリン代の節約になるからと、
バイクで通勤してくれていた事がありましたね。
夏はいいけれど、冬は寒いからと、車での通勤を勧めたけれど、
バイクでいいよ
そう言って、寒空の中、バイクで通勤してくれたあなた。


あの頃の冬は、あなたが帰ると同時に、
必ず、温かいコーヒーを淹れて迎えましたね。


バイクの音か聞こえると同時に、あなたのコーヒーを淹れること。
それは、あの頃の、私の小さなこだわりでした。


冷えた体を温めながら、美味しそうに、
私が淹れたコーヒーを飲んでくれるあなたの顔が好きでした。


思えば、私がコーヒーを飲むようになったのは、あなたと結婚してからでした。
それまでは、紅茶派だった私。
いつの頃からか、あなたと一緒に飲む、飲み物は、コーヒーへと変わっていました。


あなたを送り出してからも、相変わらず、コーヒーを飲む私は、
いつの間にか、あなたの色に、染まっていたんですね。


こんなふうに、季節外れに寒い日には、ふと、
あなたと一緒に、コーヒーを飲んだ冬を思い出します。

 

 

 

www.emiblog8.com