拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

誕生日の朝

あなたへ


あれは、夢だったのでしょうか。


私の誕生日の早朝。
まだ眠りの中にいた私は、あなたと会話をした気がしました。


まだ起きないの?

そんなあなたの声に、

昨夜、遅かったから、もう少しだけ寝たい
そう、返事をした気がします。


それは、とても心地よく、
当たり前だった、あなたが側にいた頃の感覚でした。


それから、またすぐに眠りにつき、
目が覚めた私は、ちょっとだけ、後悔しました。


あの感覚が、あなたかどうか、目を開けて、確かめればよかったな って。


早起きが得意なあなたと、朝は苦手な私。
時々、寝起きの悪い私を、あんなふうに、起こしてくれていましたね。


あれは、夢だったのでしょうか。


あの日は、私の誕生日。
あなたが逢いに来てくれたのかな。
数日経った今でも、そんな気がしてなりません。

 

 

 

www.emiblog8.com