拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

入学式

あなたへ


今日は、あの子の入学式でした。


朝から、あいにくの雨。
入学式へ向かう中、あの子は小学校の入学式の日を思い出したようです。
あの日も、雨が降り、
あなたと3人、傘を差して、小学校へ、出掛けましたね。


また雨か なんて、残念そうなあの子に、
雨降って地固まる
そんなことわざの話をしました。


話を聞き終えたあの子は、悪くないね って。


無事に式が終わり、外に出ると、
雨が上がり、太陽が、顔を出していました。


今日の雨上がりの空は、なんだか、特別に綺麗に見えました。


空の彼方、雲の隙間から、
あなたも、あの子の晴れ姿、見ていてくれたでしょうか。


あの子は、高校生になりましたよ。


真新しいブレザーに、慣れないネクタイも、気に入ったようです。


初めて、あの子が選んだ一歩。


これから、あの子は、どんな素敵な世界を見つけるでしょうか。


いつかその日を振り返った時に、
キラキラと輝くような、
たくさんの宝物が見つかるといいですね。