拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

あなたへ


こちらでは、桜の花が、満開に咲きました。


昨日は、1日中、雨でしたが、あの子と出掛けながら、
桜の花を眺め、あなたを想いました。


この時期、仕事が忙しかったあなたとは、
一度も、ゆっくりと桜を見た事がありませんでしたね。


ちょっと、寂しかったけれど、
あの頃の私は、
あなたと一緒に桜の花を見る事は、
未来への楽しみに取っておこうと思っていました。


いつか、お互い、年をとって、おじいちゃんとおばあちゃんになったら、
手を繋いで、春の暖かさを感じながら、ゆっくり、ゆっくりと、

あなたと散歩しようって。


お互いに、丸くなって、
振り返る過去もたくさんあって、
一緒にいた分だけ、2人で振り返る共通の思い出がたくさんあって。


きっと、思い出話は、尽きる事がなく、
長い桜並木を歩きながら、あなたと2人、
どんな話をするだろうって。


なかなか、思い通りにはいきませんね。


いつか、私がおばあちゃんになって、
暖かな春には、
桜の花を見ながら、空を見上げ、
やっぱり、私は、あなたを想うのでしょう。


その頃には、今よりも、もっと、あなたに話したい事がたくさんあって、
きっと、いつまでも、空を見上げるのでしょう。


あなたに逢いたい


きっと、おばあちゃんになっても、
今の私と変わらずに、あなたを想うのでしょう。

 

 

 

www.emiblog8.com