読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

コトバ -彼の世界-

彼の遺影と話す夢を見たのはこれで2度目だ
彼は言った


遊びに来てみる?


そんな彼の言葉に頷くと
彼は私の手を取り
遺影の中に入れてくれた


遺影のあちら側には
彼が今いる場所があった


ここでは自分の好きな事が出来るんだよ


そう言って
彼はその場所を案内してくれた


彼の話を聞きながら
相槌を打ったけれど
私はただ彼の隣を歩く事が嬉しかった


目が覚めるといつもの朝だった


寝起きのまま
彼の遺影をじっと見つめてみた
彼の場所に繋がっているのだろうか


そこにいるの?


そんな私の言葉にも
彼はただ笑ってくれるだけで
夢の中みたいに答えてはくれないけれど
彼が向こう側で楽しんでいる事が分かって良かった


また逢いに来てね


相変わらず笑っている彼に話しかけた私の言葉は
そこから彼に届いただろうか

 

 

www.emiblog8.com