読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

コトバ -春-

春の穏やかな日差しは
何だか心地よくて
そのまま眠ってしまいたくなる


ベランダに出て
春の光を浴びながら
目を閉じてみた


私を包み込む暖かな光は
なんだか少し懐かしい気がした


目を閉じながら気が付いたんだ
彼の隣とよく似ている と


そうか 彼の隣は春みたいだったんだな


彼が家に帰って来ると
ただそれだけで
とても安心していられたんだ


彼が春の日差しなら
私は陽だまりの下で眠る猫だったのかも知れない


あの頃の私は
優しく揺れる菜の花を
重たい瞼の隙間から
安心した気持ちで眺めていたんだ


彼の作ってくれる穏やかな春は
世界一 私の幸せの場所だった


春の穏やかな空を眺めながら
元気にしているだろうかと
今日も 彼を想う