拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

母の日に

あなたへ


先日は、母の日でした。


友達との遊びから帰り、
夕飯の盛り付けを手伝ってくれたあの子。


突然に、
先に座っていて
なんて、あの子ひとりで、食卓に、
料理を、並べてくれました。


あの日は、カレーピラフでした。


お皿に盛り付けられた、
山盛りのカレーピラフを、
私の前に置いたと思ったら、


いつもありがとう
何も用意出来なくてごめんね と。


どうやら、お小遣いが底を尽きたあの子は、
山盛りのご飯で、
私に、感謝の気持ちを伝えてくれたようです。


その発想に、なんだか、笑ってしまいました。


せっかくのあの子の気持ち。


残さずに、頑張って食べましたが、
あんなにお腹の苦しい母の日は、初めてでした。


日常の中、こんなふうに、
あの子には、いつも笑わされます。


来月の父の日には、あなたへのご飯が、
いつもより、山盛りになるのかも知れませんね。


あなたの苦笑いする顔が、目に浮かび、
なんだか、
やっぱり、ちょっと、笑ってしまいます。