読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

筋肉自慢

あなたへ


近頃のあの子は、前にも増して、
筋肉を鍛えるようになりました。


自宅では、ダンベル、腹筋を欠かさずに、
時々には、ジムへ行くようになりました。


肩や腕の筋肉、腹筋。
数日ごとに、
どう? と、
筋肉を見せてくれるあの子だけれど、
何というか・・・
そこまで筋肉に興味のない私は、
時々、コメントに困ってしまいます。


そして、時には、
ちょっと触ってみてよ と、
その自慢の筋肉を、私に触らせながら、
どう? って。


何て答えればいいのでしょうか。


凄いね
前よりも、筋肉が増えたね


在り来たりな私のコメントに、
なんだか、不満気なあの子。


先日は、遂に、コメントに困り、

 

そこまで筋肉には、興味がないから、
少しの違いには、気が付かなくてさ


なんて、返したら、


息子の筋肉には、興味持ってよね


なんて、言われてしまいました。


あなたなら、どんなふうに、
今のあの子と、会話したのでしょうか。


あなたと、あの子。
2人で、筋肉を自慢し合いながら、
やっぱり、2人で、私に、
どう?
なんて、聞きに来るのかも知れませんね。


そうして、やっぱり、コメントに困った私に、


旦那と息子の筋肉には、興味持ってよね


なんて、言われるのでしょうか。


あの子の成長を見守りながら、
もしも、あなたが此処にいてくれたらと、
何度も考えてしまうけれど、
私達のやり取りを想像すると、
なんだか、いつも、笑ってしまいます。


そうして、元気を取り戻せるのだから、
不思議ですね。


あの子が使っているダンベルは、
あなたの実家から、持って来ました。


お母さんがね、
あなたが使っていたダンベルだよと、
あの子に、譲ってくれました。


きっと、若かったあなたも、
あのダンベルで、鍛えていたのでしょうね。


そうして、やっぱり、お母さんに、
どう? なんて、
筋肉を自慢していたのでしょうか。


その時、あなたのお母さんは、何て答えたのかな。


若かったあなたが使っていたものを、
月日が経ち、

あなたの子供が使う時が来るなんて、

なんだか、不思議ですね。


あの子の筋肉は、
あなたよりも、まだまだ、細く、頼りないけれど、
いつか、あなたに並び、

やがて、
あなたを追い抜く時が来るのかも知れませんね。