拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

今日の天気

あなたへ


今朝、目が覚めると、
空一面、真っ暗な雲に覆われていました。
そうして、間も無くに、鳴り響く雷と、
一気に降り出した雨。


それは、あなたを見送った日の、私の心に見えました。


雨足は、どんどん強くなり、
地面を叩きつける雨は、
あの日の、私の涙のようでした。


天気を気にしながら、あの子を起こし、
お弁当を作り終える頃に、
雨は上がり、雲の隙間から、光が見えました。


雨が上がって、良かったねと、
あの子を送り出し、私が出勤する頃には、
太陽が顔を出していました。


早朝の雷も、雨も、嘘のようだったけれど、
濡れたままの地面には、
確かに、その証拠が残っていました。


そうして、会社に着き、
お昼には、また、泣き出しそうな低い雲を見上げました。


厚い雲は、強い風に煽られながら、急いで形を変えていきました。


そして、雨は降らないままに、
いつの間にか、風も止んでいました。


会社を出る頃になると、
穏やかに戻った空には、
夕焼けと、ゆっくりと形を変える雲が見えました。


信号で止まり、空を見上げたら、
私の好きな形の雲を見つけました。


家に着き、車から降りると、
雲ひとつない空に、
白い月が浮かんでいました。


それは、とても綺麗な月でした。


ねぇ、あなた


人生と、天気は、
何だか、よく似ていますね。