拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

大きな手

あなたへ


先日、あの子との、いつもの夜の挨拶。


おやすみとハイタッチに、
あの子が言いました。


あれ?俺の手、大きくなったよね?


久し振りに、手を合わせて、比べてみると、
私の手よりも、関節ひとつ分、
あの子の手が大きくなっていました。


あの子の手は、あなたの手によく似ています。


いつか、あなたの大きな手と、
私の小さな手を合わせた事がありましたね。


あなたの手は、大きくて、幸せをたくさん掴める手
私の手は、小さいから、きっと、幸せを掴めないんだよ


そんな事を言った私に、
あなたは、言いましたね。


小さな手で、全部を捕まえなくていいよ
指先で、俺の事をほんの少しだけ、
掴んでいてくれればいいんだよ と。


あなたは、いつでも、
その大きな手で掴んだ幸せを、
私にも、分けてくれていたのかも知れませんね。


心配しないで
俺の事だけは、離さないでね と。


あの子の大きな手も、
いつか出会う、
あの子の大切な人の分の幸せも一緒に、
捕まえる日が来るのでしょうか。


あなたみたいに。