拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

コトバ -わたしへ-

雨の日には 泣いてもいいんだよ


雨はその涙を
そっと隠してくれるから


雨の日には 弱音を吐いてもいいんだよ


小さくついたそのため息は
きっと雨音が消してくれるから


俯いて独り言


辛いんだ
寂しいんだ
上手く笑えないよ


だってさ・・・


逢いたいよ
逢いたいよ
どこにいるの?


胸の中
溜め込んだ苦しさは
雨雲みたいに立ち込める


雨の日には 泣いてもいいんだよ


涙も ため息も 小さく漏れる嗚咽も
全部隠してくれるから


やがて去りゆく雨雲の隙間から
光が差したのなら


空高くへと昇っていくのでしょう


その涙も雨も
太陽に吸い込まれていくように


無理に笑わなくたっていいんだよ


さあ
顔を上げて


きっと大きな虹が見えるはずだから


綺麗だなって
思わず笑みが溢れてしまうような
綺麗な景色が見えるはずだから

 


きっと人生はそういうふうに出来ているの

 

 

 

 

 

 

1ページより表示↓

拝啓、空の彼方のあなたへ - 拝啓、空の彼方のあなたへ