拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

あなたへ


あなたを送り出した頃の私の髪は、
肩下、何センチくらいだったでしょうか。


あなたを見送り、もうすぐ、2年と11ヶ月。


あなたの温もりが残っている気がして、
切れずにいた私の髪は、
腰までの長さになりました。


時々、自分で髪を撫でながら、
あなたの温もりを探した私の長い髪。


気が付けば、痛んでしまった髪に、
あなたなら、なんて言うのかな。


ふと、髪を切ろうと決めました。
何故だか分かりませんが、
突然に、そう決意した私は、
今日、美容室へ出掛けました。


カットされていく髪を見つめながら、
ちょっとだけ、感傷的な気持ちで、
あなたが、この髪を撫でてくれた事を想いました。


カットが終わり、整った髪は、思っていたよりも、気に入りました。


帰り道は、なんだか、少し、気持ちが軽かった。


今は、あなたを送り出した頃より短く、
肩下、10センチ程になりました。


あの子がね、
その髪型いいね 若返ったよ
なんて言ってくれました。


ずっと、あの頃の髪にこだわっていた私ですが、
初めから、そこには何もなかったのかも知れませんね。


だって、目を閉じて、あなたを想えば、
いつでも、ここに、
あなたの温もりが残っている事が分かりましたから。