拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

七夕

あなたへ


私のお腹の中に宿った、小さな小さな命が、
無事に産まれきてくれますように


16年前の私達が、そう願い事をした事を覚えていますか?


今日は、7月7日。
今年もまた、七夕の日が来ました。


16年前の今日、
あの子が、このお腹の中に宿った事を知りましたね。


あの日のあなたの嬉しそうな顔、
今でも、よく覚えています。


エコー写真に映った、小さな小さなあの子を見ながら、
何故だか、男の子だと確信した私。


そんな確信を、まだ、あなたには話さずにいたけれど、


もしも男の子だったらさ


なんて、
早速に、男の子の名前の提案をするあなたに、
なんだか、可笑しくて、嬉しかった。


あの頃の私はまだ、あなたから聞かされていなかった、
あなたの夢の中に出て来た小さな男の子。


あなたは、その夢を見た頃から、
私達の子どもの名前を考えていたのでしょうか。


そして、あの日、
その子が私達の元に来てくれたんだと、
密かに確信を持っていたのでしょうか。


あれからの毎年、
私は、あの日のあなたの嬉しそうな顔を思い出していました。


もしも、男の子だったらさ って。


今夜もまた、あの日の嬉しそうなあなたの顔を思い出しました。


胸が温かくて、幸せな七夕の夜。

今夜は星が綺麗です。


あの子が生まれ、
毎年、あなたと2人で願ったあの子の幸せ。


あの子は、いつでも笑顔で、
ちゃんと前を向いて、頑張っていますよ。

 

 

 

www.emiblog8.com