拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

コトバ -彼からの贈り物-

梅雨の中休み
夏雲が浮かぶ空を見上げたら
ハートの形の雲を見つけた


彼からの贈り物だろうか


なんて
都合のいい事を考えながら
無意識に緩んだ口元

 

元気ですか?
こちらはもうすぐ夏になります
あなたと出会った夏が来ます


返事は聞こえなくてもいい


きっと空に近い場所
私には聞こえない声で
語りかけていてくれる気がするもの


元気だよ
こっちの世界はね って


私の耳には届かない彼の声は
きっと あの頃のまま素敵で
何も変わらないの


空を見上げ そんな彼を想像してみた


やっぱりハートの形の雲は
彼からの贈り物としておこう


だって
その方がずっと楽しいもの

 

 

 

 

1ページ目はこちらから↓

拝啓、空の彼方のあなたへ - 拝啓、空の彼方のあなたへ