拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

夏が好きな理由

あなたへ


こちらでは、梅雨が明け、今年も夏が来ました。


休憩中にね、
外に出たら、夏の音が聞こえました。
日差しが強くて、空が綺麗で、
今日も、素敵な雲を見つけました。


夏が好きな私と、夏が苦手だったあなた。
私たちは、正反対でしたね。


俺は、暑いのが嫌いなんだ
なんて言っていたけれど、
どの夏のあなたも、
たくさん、笑っていましたよ。


いつか、あなたに聞かれましたね。
夏のどこが好きなの?って。


あの時は、ただ、夏が好きってだけで、
上手く答えることが出来なかったけれど、


きっとね、


私が、昔からずっと、夏が好きだったのは、
あなたと出会う、ずっと前から、
あなたと出会える季節だって事を、
知っていたからなのかも知れません。


この世に誕生する前の私達が、


夏に逢おうね
絶対だよ


そう、約束して、この世に生まれて来たのかな なんて。


こんな事を言ったら、
また、あなたに笑われてしまうかな。