拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

お盆のこと

あなたへ


もう、そちらへ着いたでしょうか。
あなたを、そちら側へ送り出し、3度目のお盆。
今年は、ゆっくりと寛いでくれましたか?


楽しみで・・・
楽しみ過ぎて、ちょっぴり緊張しながら迎えたお盆初日の朝は、
いつもよりも早くに目が覚めました。


あなたへのいつもの挨拶。
おはよう の代わりに、おかえり って、
そう、声を掛けたけれど、そこに、
あなたの気配は、何も感じませんでした。

あなたの顔は、何故か、いつもと違って、ただの紙に見えました。


間違えて、前の家に帰ってしまって、
少し慌てたあなたの様子を思い浮かべ、
思わず、あなたへの目印の提灯を確認してから、
あなたと私のコーヒーを淹れ、
私の身支度を整えた頃でしたね。


微かに、あなたが側にいると思いました。


その微かな気配に呟いたおかえりの声に、
あなたは、答えてくれたのでしょうか。
ただいま って、あの頃みたいに。


お盆初日だけ、仕事だった私。
あの日1日、家にいたあの子は、私が帰って来ると、
お昼寝をしていたら、あなたの夢を見たと、話して聞かせてくれました。


あの子が通う学校は、校則が緩く、
ピアスの穴を開けることは自由。
夏休みに入り、ピアスの穴を開けたあの子に、
ピアス、開けたんだね と、あの子の耳を確認したあなたの様子。


それから、
バイクの免許とるの?と、
最近、あの子が興味を持っている事について、話をしたそうですね。


夢の中のあなたは、髪が少し長めで、茶色に染めていたよ。
あの日、棺に入れた、お気に入りの服を着ていたよと、話してくれました。


あの子、大きくなったでしょ?
ピアスを付けていた事は、驚いたでしょうか。


あの子のピアスを見た時に、
あなたは、特に、良いとも、悪いとも言わなかったそうですが、
本当は、
少し、早いんじゃない? なんて、言いたかったでしょうか。


私達の頃は、もう少し、大人に近づいてから、
ピアスの穴を開けた気がしますが、
近頃の子達は、そうでもないみたいですよ。
あの子に言わせれば、時代が違うそうです。


久し振りに、あなたの夢を見たあの子は、
あなたに逢えたことが、とても嬉しかったようで、
帰って来た私に、興奮気味で、ずっと、あなたの話をしていましたよ。


あの子と2人、あなたが帰って来たんだねと、話していた様子を、

あなたは、こっそりと、見ていたのでしょうか。


そして、あの子に、
私の夢に、あなたは、出て来たのかと聞かれました。


お盆期間中、私は、
一度もあなたの夢を見る事はありませんでしたが、
何故か、この期間、よく眠れました。


目覚ましの音も全く聞こえない程に、
よく眠ったのは、とても久し振りでした。


お陰で、連日、朝寝坊をしてしまいましたが、
それは、あなたが側にいてくれた頃、
何の不安もなく、眠っていたあの頃のようでした。


久し振りに、帰って来たあなたは、私に眠る時間をくれたのかと、
良いように解釈してしまいました。
だって、普段通りの生活に戻った今日は、
きちんと、いつも通りに目が覚めましたから。


今年のこちらの夏は、夏らしくない涼しさで、
私は、ちょっと、寂しかったけれど、
暑さが苦手だったあなたにとっては、過ごしやすかったでしょうか。


ずっと、楽しみにしていたお盆。
なんだか、あっという間に、過ぎてしまった気がします。


あなた
また来年、きっと帰って来てくださいね。
楽しみに、待っています。