拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

デート

あなたへ


今朝、あなたと、デートしている夢を見ました。


大きな湖で、一緒に、ボートに乗ったり、
何処かを観光しているような夢でした。


夢の中のあなたは、心臓を患ったままで、
私は、あなたの体を心配しながらも、とても、幸せな気持ちで、
2人で、ゆっくりとした時間を過ごす夢でした。


もしも、あの時、今とは違う運命だったのなら、
あなたは、今頃、隣にいてくれたのでしょう。


きっと、夢の中のように、あなたの体を心配しながら、
あなたと過ごす毎日に、
幸せと感謝の気持ちを噛み締めていたに違いありません。

 


幸せな気持ちのまま、夢から覚めた私は、
時計を見て、驚きました。


いつもよりも、1時間も寝坊していました。


慌てて支度を整え、
なんとかいつも通りの時間に、会社に向かいながら見上げた空は、
久しぶりの青空でした。


寝坊してしまった今日は、
バタバタと過ぎて行きましたが、
気が付けば、なんだか、元気になっていました。


私の元気がなくなると、そっと、寄り添ってくれるあなたは、
そちら側へ逝っても、変わらない。


何処にいても、あなたは、あなたなんですね。


ありがとう。
あなたとのデート、とても楽しかった。