拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

あなたにしか出来ないこと

あなたへ


俺の字、汚いよね


先日、宿題をしていたあの子の一言から、あなたが書く、字の話になりました。
あなたの字は、均等で、真っ直ぐで、
とても、綺麗な字でした。


俺が小学生の頃、親父に教わったんだ


そう話してくれたのは、あの子が小学生の頃でしたね。
そして、小学生だったあの子に、
字を綺麗に書くコツを教えてくれたあなた。


ゆっくりでいいんだよ


あの子の隣に座って、
あの子と一緒に、ノートを覗き込んでいるあなたの姿を思い出していました。


ただ、あの頃のあの子にとって、
字を綺麗に書くことは、あまり、重要なことではなかったのかも知れませんね。
少し経つと、元に戻ってしまうあの子の字を見ながら、
あなたは、苦笑いしていましたっけ。


あの時、あなたがどんなふうに教えてくれていたのか、
あの子も私も、具体的な内容が思い出せませんでした。


あなたを見送り、成長と共に、あなたに似てきたあの子ですが、
字だけは、どうも、似ることが出来なかったようです。


もしも、今、あなたが側にいてくれたのなら、
きっと、何度も教わりながら、
あの子の字は、今頃、あなたに似ていたのでしょうか。


お父さんの字を真似したいのに、出来ない


あの日、あの子は、そんなことを言っていました。


小学生だったあの子には、
きっと、まだ教える時期が早かった、字を綺麗に書くこと。
今のあの子なら、
真剣に、あなたから、学ぼうとしたでしょう。


今が、あの子に、あなたの字の書き方を教える時期だったのかも知れませんね。


そんなこと、お前にも、出来るでしょ


なんて、言われてしまいそうですが、

あの子から見た私の字は、
女みたいな字だから、嫌だそうですよ。


あなたから、教わりたかったことは、山ほどあるあの子ですが、
あなたみたいな綺麗な字の書き方も、
あなたから、学びたかったことのひとつのようです。


あの子と、あなたの字の話をしながら、
またひとつ、
あなたにしか出来ないことを見つけました。

 


P.S


私が、あなたの書く字を初めて見たのは、
出会ってから、しばらくした頃でした。


確か、お店の会員になるために、住所や名前を書いたあなたの字を見て、
私は、密かに、驚いたんでした。


なんて綺麗な字を書くんだろう と。


あの時、あなたの素敵なところを、またひとつ見つけた私は、
とても、嬉しい気持ちになったんでした。


口に出したことはありませんでしたが、
私は、あなたが書く綺麗な字を、
とても自慢に思っていましたよ。