拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

Sボード

あなたへ


あなたについて、誰かに聞かれたとしたら、私は、まず、こう答えると思います。


あなたは、なんでも出来る人だった


あなたは、器用で、頭が良くて、勘が良かった。
そんなあなたのことが、いつでも自慢で、羨ましくて、
ほんの少しだけ、悔しかった。


なんでも出来たあなただったけれど、
唯一、一度も、私を追い越そうとしなかったものがありましたね。


Sボード。


それは、あの子が小学校4年生頃に買ってあげたものでした。
あなたに似て、勘のいいあの子は、
購入後、すぐに乗り方を覚えました。


そして、
そんなあの子の様子があまりにも楽しそうで、
あの子に教わりながら挑戦した私。


運動が得意とは、決して言えない私が、
あまり時間を掛けずに、乗れるようになったことが嬉しくて、
今度あなたも一緒に遊ぼうと誘ったのは、
残業で、遅い時間に帰宅したあなたの、夕飯の時間だったでしょうか。


あなたなら、きっとすぐに乗れるようになるはずだよ
すごく楽しいよ


そんな私の話を、楽しげに聞いてくれたあなた。


あれから、3人で、何度もSボードで遊びましたが、
あなたは、何度挑戦しても、上達することはなく、
毎回転びながら、
お前は凄いなって、私を褒めてくれましたね。


本当は、出来るくせに


なんて、疑いの眼差しを向けた私に、


本当だよ 俺には出来ないよ ほら見てて? って、

私の前で、何度も転んで見せたあなた。


前輪、後輪、それぞれひとつずつ付いたタイヤを指差し、


だって、タイヤがひとつずつしか付いてないじゃん
お前みたいに、上手く乗れないよ と。


先日、あなたのお母さん、あなたの弟夫婦と、子供たちが遊びに来てくれました。
談笑の中、3人妹弟の中で、あなたが一番、スポーツが得意だったと知りました。


そんな話を聞きながら、
何故か一度も、
Sボードを上手に乗ろうとしなかったあなたを思い浮かべました。


スノーボードもスケートボードも上手だったあなた。


嘘なんてついてないよと、あなたは、笑っていましたが、
どうしても、納得がいきません。


だって、あなたの転び方は、とても上手だった。


私は、何度も転んで、擦り傷を作ったけれど、
あなたは、かすり傷ひとつ負うことなく、
とても、綺麗な転び方でした。


あなたは、どうして、
あんなに優しい嘘をついてくれたのでしょうか。


答え合わせをしてみたくて、
あなたの顔を、長い間、見つめたけれど、
穏やかに笑うあなたの顔には、ヒントすら見えませんでした。


あなたは、なんでも出来る人だった


でも、ひとつだけ、私に出来て、
あなたに出来ないことがありましたね


そう信じてみてもいいのでしょうか。