拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

手帳

あなたへ


こちらでは、今日から、12月になりました。
手帳のスピンを今月に挟みながら、
この11ヶ月の出来事を見返してみました。


私の予定、あの子の予定が書き込まれたこの手帳には、
あなたの予定だけ、書くことがなくなってしまったけれど、
あなたとの思い出が、たくさん、記してあります。


夢の中で、あなたの世界に連れて行ってくれたこと。
楽しそうでしょ?凄いでしょ?って、
あなたが、そちら側で、
楽しく過ごしている様子を見せてくれましたね。


内容は、覚えていないけれど、
あなたが側にいて、安心した気持ちで、スッキリと目覚めた朝のこと。


あなたと一緒に、綺麗な虹を見たこと。
雨上がりの空に架かった虹は、とても綺麗でしたね。


あなたの車で、出掛ける夢も見ました。
なんだか、とても高級そうな車で、
朝一番に、
あれは、そちら側での、あなたの車なの?って、
思わず話し掛けた私の声は、
あなたのところまで、届いたでしょうか。


あなたと、デートした夢を見た日のこと。
あなたと2人、ゆっくりとした時間を過ごせたあの夢は、本当に、幸せでした。


あなたの声が聞こえて、目が覚めた朝のこと。


あの子と私。
同じ夜に、それぞれ、あなたの夢を見て目覚めた日は、とても驚きました。
あの日の朝は、あなたの夢の話で、とても、盛り上がりましたよ。
あなたと、何を話したのか、どんなことをしたのか。
それぞれに話しながら、
短い朝の時間でしたが、楽しい時間を持つことが出来ました。


この家で、あなたと一緒に、家族3人で暮らしている夢。
あなたの肩を揉みながら、他愛のない話をしていた私たち。
あの頃と、何も変わらず、
とてもあなたらしい返答は、今でも、はっきりと、覚えています。


お盆の初日は、
あなたが帰って来ることが、楽しみ過ぎて、
いつもよりも、早くに目が覚めたこと。
微かに感じたあなたの気配は、とても、温かかった。


真っ白だったページは、11ヶ月を掛けて、少しずつ埋まり、
とても、いい手帳になりました。


ページをめくりながら、ひとつひとつ、
あなたと過ごした夢の記憶を思い出してみました。


あなたは、こんなに、側にいてくれたんですね。


ありがとう。


残り、1ヶ月分の白いページには、
あと何回、あなたとの思い出を綴ることが出来るでしょうか。