拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

スキンケア

あなたへ


毎晩、お風呂上がりにするスキンケア。
先日、ふと、この化粧品を使い始めたきっかけを、考えていました。


あの子の妊娠と共に、少しずつ、肌質が変わっていった私。


それまでの私は、大きな肌トラブルなく、
困ることは、あまりなかったけれど、
出産し、育児に追われながら、気が付けば、
肌質が悪い方へと変化し、
手入れは、化粧品から、薬へと変わっていったんでした。


メイクを楽しむことが怖くなるほど、変化した肌に、
悩んでいた私のために、
こっそりと、サンプルを取り寄せてくれたあなた。


これ、使ってみたら?


ある日、手渡されたのが、今も愛用しているスキンケアのサンプルでした。


初めて使うメーカーの化粧品に、恐る恐るだったけれど、
たった一晩で、綺麗に戻った肌を見た朝は、
なんだか、魔法に掛かったみたいでした。

 

ねぇ見て
こんなに綺麗な肌になったよ
ありがとう


そう報告した時のあなたの顔、今でもよく覚えています。


当たり前じゃん
だって、俺が選んだんだよ


なんて、得意げに、一緒に喜んでくれましたね。


あなたが見つけてくれた化粧品は、
私の肌に、とても合っていて、
あれから、大きな肌トラブルは、少なくなり、
以前のように、メイクを楽しむことが出来るようになったんでした。


思えば、10年以上、使い続けているこの化粧品は、
あなたが、きっかけを作ってくれましたね。


思い出す日常には、どんな些細なところにも、あなたがいてくれて、
そこには、あなたの優しさと、笑顔があります。


いつも、私のことを、考えていてくれたあなた。


ありがとう。