拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

サンドイッチ

あなたへ


あなたの夢を見ました。
家族3人で、あの頃と変わらずに暮らす夢。


夢の中のあなたは、


今日は、俺の友達がたくさん来るから、
おもてなしの準備をしてほしい


突然、そんなことを言い出しました。


急いで、オードブルなどの支度をしていると、
サンドイッチも準備してくれると嬉しいんだけど と、
あなたからリクエストされたところで、目が覚めました。


夢の中でのことを考えながら、
そちら側での、今日のあなたのことを想像しました。


もしかしたら、今日は、あなたのところに、お友達が集まる日なのでしょうか。


あなたからのリクエスト通り、
今日は、サンドイッチを作りましたよ。


それから、
突然、思いついたので、
簡単なものしか準備が出来ませんでしたが、
パウンドケーキも作ってみました。


あなたのお友達のお口に合うといいのですが・・・
食後のデザートに、お出しして下さいね。

 

あなたからのリクエストのサンドイッチ。


あなたのところまで、届いていますように。