拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

あの子のヒーロー

あなたへ


先日、あの子が、社会人の先輩から、


空いてる日、俺の会社でアルバイトしない?


そんな誘いを受けました。


聞けば、
あなたが頑張ってくれていた仕事と同じ職種のアルバイト。


あなたが就いていた仕事に興味を持っていたあの子は、
その誘いにとても喜びました。


汚れてもいい服装で来てね
先輩からのそんな言葉に、
作業着、買わなくちゃ なんて、とても張り切った様子。


あなたが作業着を買っていたお店に行くと、
あの子は、あなたが好んで着ていたメーカーのものを選びました。


これ、お父さんが着ていたものと同じだよね
ここの文字、覚えてたよ


そう言って、小さく記してあるメーカーの文字を指差したあの子。


デザインが変わることなく、
あなたが着ていたものと全く同じものを買うことが出来たあの子は、
とても喜んでいました。


帰宅早々に、


作業着を着てみたい


そう言って、買ったばかりの作業着を試着したあの子は、
作業着上下に、あなたの真似をして、帽子を被り、


お父さんに似てる?


そう言いながら、私のところに見せに来てくれました。


あの子の声に、顔を上げると、
私の目の前には、
まだ若かった頃の、あなたの姿によく似た子が立っていました。


帽子を深く被ると、驚くほどに、あなたによく似ているあの子。


もしも、
あなたと2人で並んで写真を撮ることが出来たなら、
きっと、あなたもとても驚くことでしょう。


一瞬、言葉に詰まりながらも、


お父さんに、凄く似てるよ


そんな私の言葉に、
あの子は、

お父さんを思い出して、悲しくなる?泣かないでね って言いながらも、
あなたに似ているの言葉が嬉しかったようで、
顔の角度を変えては、


この角度はお父さんに似てる?
じゃあ、これは?


って、色々なポーズをとっては、
あなたに似ているかどうかの確認をしたあの子は、
私の返事に、とても満足そうでした。


そうして、脱いだ作業着を眺めながら、
このアルバイトの誘いをいただいたことで、
鮮明に思い出したあなたの話を聞かせてくれました。


作業着を着ていたあなたの姿。
深く帽子を被っていたあなたが、とても格好良く見えたこと。


普段は、あなたのことをあまり口にしないあの子ですが、
あの日は、あなたのことをたくさん、話してくれました。


そうして、迎えたアルバイトの朝。
いつもなら、なかなか起きないあの子ですが、
あの日は、違いました。


朝だよ の私の言葉に、飛び起き、
早々に朝の支度を済ませ、
嬉々として、出掛けて行ったんでした。


予定よりも早くに帰宅したあの子は、
初めて体験したあなたと同じ世界が、
どんなに楽しかったかを話して聞かせてくれました。


これまで、漠然とあなたに憧れを持っていたあの子でしたが、
今回、実際にあなたと同じ職種を体験したことで、
また新たな自分を見つけたようです。


帰宅してからも、作業着を脱ごうとしなかったあの子。
着替えたら? って、私の言葉に、


汚れてないから、このままでいいでしょ?
今日は、ずっとこの格好でいたいんだよ
この気持ち、分かるでしょ?


そう言いながら、あの子は、憧れだったあなたと同じ作業着で、
あの日を夜まで過ごしたんでした。

 


パパ、かっこいいね


あなたの足に纏わり付いていた小さなあの子が、
あなたに、よくそう言っていましたね。


靴のサイズも、
身長も、
あなたを超えた16歳のあの子にとっても、
あなたは、あの頃と変わらない、
あの子の一番のヒーローです。