拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

コトバ -100年後-

梅雨が明けたばかりの夏空に目を細めながら
ふたりが出会った夏を思い出していたよ


あなたが
どんなふうに笑って


あなたと
どんな話をしたのか


日に焼けた肌に
ブレスレットがよく似合っていたね


私を見つめるその瞳も
私を呼ぶその声も
逞しい腕も


全部大好きなあなたに出会えた夏の季節が
今も大好きだよ


今度はいつ逢えるかな


あの頃と同じ空の下
次のデートの約束をするみたいに
空の彼方に問いかけてみた


次に私の名前を呼んでくれるのは
いつですか


次にその手の温かさを感じることができるのは
いつですか


次にその頬に触れることができるのは
いつですか


この問いに誰も答えてはくれないから
私が決めるよ

 


100年後の夏にまた逢おう

 


きっと大丈夫
出会えるはずだよ


あなたを探せるように
その時の私も夏が大好きなはずだから


何年経っても きっと変わらない夏の空の下
100年後の私も
出会った瞬間に思うのでしょう


この人だ
やっと会えたねって


あの夏と同じように私はきっと
ずっとあなたを探していたことを感じるのでしょう


生まれ変わって
この記憶が消えてしまっても
あなたが放つ「特別」だけは見逃さないよ


あの夏によく似た
青空と風が心地よくて
眩しい日差しに目を細めながら
ふとそんなことを考えたよ


100年経ったら
きっとあなたを探しに行くから
あなたはあなたのままでいてね


きっとこの空と変わらない100年後の夏の空の下


何も知らない私たちは
あの夏みたいに
また恋をするんだね