拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

雷の音

あなたへ


先日、こちらでは、
バケツをひっくり返したような雨と、大きな雷が鳴りました。


幸い、停電にはなりませんでしたが、
雷が苦手な私は、
家にひとり、大きな雷の音に怯えながら、
いつかの雷の夜を思い出していました。


あれは、あの子がまだ、小さかった頃。
お話が上手になった頃のあの子が、
あなたの実家に、ひとりでお泊まりをした夜のことでした。


あの夜も、突然の酷い雨と、大きな雷が鳴り響きました。
そうして、一帯が停電になり、
真っ暗闇の中、動くことも出来ずに、
携帯電話の光だけを頼りに、あなたの帰りを待っていた私の元へ、
あなたは、あの豪雨の中、帰って来てくれたんでした。


玄関から、私を呼ぶあなたの声に、安堵しながら、
ここにいるよ
心配して帰って来てくれたの?
って私の言葉に、
いや、別に なんて、
暗闇から聞こえた、冷静を装ったあなたの声。


あなたの顔は見えなくても、
あの時、私には、あなたの本音が見えていました。


だって、あの土砂降りの中、
何処かに車を停めて雨が止むのを待つことだって出来たのに、
そうせずに、あなたは、帰って来てくれたもの。


真っ暗闇の中、私を呼ぶあなたの声は、心配そうだったもの。


言葉にしなくても、
あなたから溢れる優しさは、暗闇の中、私に、ちゃんと伝わっていました。


大きな雷の音を聞きながら、
いつかの夜の暗闇の中、
あなたに、密かに惚れ直した日のことを思い出していました。


照れ屋で、不器用だけれど、とても優しいあなた。
私は、そんなあなたのことが大好きです。


あの頃のあなたのことを思い出していたら、
いつの間にか、雷が何処か遠くに行っていました。


あの頃と同じ。
あの日、雷に怯えた私の側にいてくれたのは、やっぱりあなたでした。


また、あなたに助けてもらいましたね。
ありがとう。


小さくなった雷の音を聞きながら、
私は、また、あなたに惚れ直してしまいました。