拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

あなたの想い

あなたへ


私が泣いている時、
あなたも、何処かで悲しんでいるのでしょうか。


あれは、間も無く、
4回目のあなたの命日を迎えようとしている頃のことでした。


あの頃の私は、
あなたを想いながら、今にも涙が溢れそうなのに、
何故だか、涙が溢れることはありませんでした。


泣きたいのに
何故か泣けない


それは、何か特別な力が、私の涙を止めているような、
とても不思議な感覚でした。


そんな感覚が暫く続いた、ある夜。
ベランダでひとり、あなたを想いながら、
泣きたい気持ちで星を眺めていた時のことでした。


きっと、特別な力に勝ったのであろう一粒の涙が溢れた瞬間に、


俺のことで
もう泣かせたくない


そんな言葉のような、
強い想いに包まれたことがハッキリと分かりました。


それは、きっと、あなたの言葉に違いないと、
あの夜、私は、
それまでに溜めていた涙を一気に流すかのように、
号泣したんでした。


特別な力があるわけでもないのに、
あなたを見送ってからの私は、
本当に辛い時や悲しい時、
不思議なものに、優しく包まれるような感覚があります。


それは、何の証拠もないまま、
きっと、あなたの想いに違いないと、感じてしまうのです。


この、とても不思議な出来事に、
いつかあなたが言っていた言葉を借りるなら、


ないと証明されていないことは
ないことにはならない


そういうことなのかも知れないと、思ってしまうのです。


あの夜、
ベランダで、ひとり、
号泣した日のことを思い出しては、ずっと考えていました。


あの日、私が包まれたあの強い想いが、あなたの言葉だとしたのなら、
私は、あなたになんて伝えるべきなのか。


ごめんなさい。


ずっと、考えていたけれど、
きっとこの先も、
私は、時々、泣きながら生きて行くんだと思います。


あなたと一緒に見ることが出来なかった素敵な景色を眺めながら、
一緒に見たかったねって。


あなたのその手の温もりに、
もう一度だけ、触れてみたいと、記憶を辿っては、
絶対に忘れないと誓った、
最後に握ったあなたのその手の温かさを思い出しながら、
きっと、
何度も泣いてしまうんだと思います。


もしも、何処かで、
泣いている私を見つけたあなたを、辛い気持ちにさせてしまっているのなら、
どうか、私を信じてください。


あなたが、いつでも、
俺を信じろ
そう言ってくれていたように。


私は、どんなに泣いても、
そこで永遠に立ち止まったりはしないから。


涙を拭いて立ち上がった先には、
必ず素敵なものを見つけてみせるから。


だから、心配しないで。
私は、大丈夫。

  

www.emiblog8.com