拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

秋のお菓子

あなたへ


こちらでは、夏の夜の寝苦しさから解放され、
気持ちよく眠りにつける季節を迎えました。


先日、この時期の食材をたくさん頂いたので、
今日は、朝から、さつまいものクッキーと、栗を使ったケーキを焼きました。


いつか、あなたは、夢の中、
お友達の集まりがあるから、おもてなしの準備をしてほしい
そんな話をしてくれましたね。


あなたの場所へお菓子を運びながら、
そちら側での、あなたのことを考えていました。


これ
うちの妻が作ったんですが


なんて、トレーに載せて、
私が作ったお菓子とお茶を振る舞うあなたの姿。


私の目に浮かんだあなたは、
何故か、ヒラヒラのついた白いエプロンをしたあなたの姿でした。


思わず、ひとりで笑ってしまいましたが、
大丈夫。よく似合っていますよ。


そちら側のお友達にも、
どうぞ、宜しくお伝えくださいね。


お菓子を作ると、あの子と一緒に、喜んで食べてくれていたあなた。


そちら側でも、
あの頃と同じ顔で、笑ってくれていますように。

 


P.S
今度は、かぼちゃのプリンに挑戦してみようと思っています。
楽しみにしていてくださいね。

 

www.emiblog8.com