拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

ゴハンツブ

あなたへ


先日、あの子と一緒に、
オケラをインターネットで調べながら、
私が幼い頃に捕まえて遊んでいた「ゴハンツブ」のことを思い出していました。


今となっては、ゾッとしますが、
幼い頃は、虫が平気だった私。


カマキリ
バッタ
カブト虫
クワガタ
カミキリムシ
蝶々
トンボ


近所で捕まえた虫は、何でも虫かごに入れて観察していたあの頃。
私の一番のお気に入りは、ゴハンツブと呼んでいた小さな虫でした。


庭に生えていた、青い実の成る植物付近でよく見かけたその虫は、
丁度、米粒くらい。


大きさも形も、米粒によく似ていた、ピョンピョン飛ぶ虫。
色は、緑、白、黄色、ピンクの4種類。


名前を知らないその虫が、
ご飯粒が飛んでいるみたいに見えたことから、
「ゴハンツブ」と呼んでいたことを話した私に、あなたは、言いましたね。


俺、そんな虫、知らないよ
それ、幻じゃないの?
お前、友達いた?
大丈夫?って。
笑いながら、私をからかったあなた。


ねぇ見て、ピンクのゴハンツブみつけたよ
本当だ、僕は緑のゴハンツブしかみつからないよ
ピンクのゴハンツブは、あまりいないんだよね


確かに、近所のたっくんと、しーちゃんと一緒に遊んだ記憶。


いつかのあなたに、からかわれたことを思い出した私は、
ゴハンツブと呼んでいたあの虫の正体を探るべく、
虫の画像に戦きながら、長時間に渡り、
インターネットで検索してみました。


今は、何でもインターネットで調べられる時代。
にも関わらず、
ゴハンツブを見つけることは出来ませんでした。


何故でしょうか。


幼い頃の記憶とはいえ、確かな記憶。
何度も捕まえては、観察していたゴハンツブは、
あなたが言っていたように、幻だったのでしょうか。


それなら、
近所のたっくんとしーちゃんも・・・?


確かに、同じものを見て、一緒に成長し、
幼稚園も小学校も一緒に通っていたはずの私の友達。


全てが幻だったのでしょうか。


「見て、ゴハンツブみつけたよ」


あの頃の、
たっくんとしーちゃんの笑顔が、鮮明に蘇ります。


秋も深まり、肌寒くなりました。
何故か、寒気がしたのは、季節のせいでしょうか。