拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

ハロウィン -2018-

あなたへ


毎年この日は、
ハロウィンを意識した食事を準備するようになった我が家ですが、
今夜は、私ひとりぼっちです。


今年のハロウィンは、出掛けるね
イベントがあるんだ
毎年、ハロウィンの食事を用意してくれているけれど、
今年は外で食べるから、ごめんね


先月、あの子から、そんな話がありました。


どうやら、この近隣で、
数年前から、この日は、ハロウィンのイベントが行われている様子。
今年、初めてそのイベントを知ったあの子は、
友達と一緒に、参加することになりました。


仮装してイベントに参加するんだよ


先月から、準備を整えながら、
ゾンビメイクをしてみたい
カラーコンタクトを入れてみたいと、
今日の日をとても楽しみにしていたあの子。


昨夜は、ゾンビメイクの練習をしました。


男の子である我が子に、
メイクを教える日が来るとは、思ってもいませんでしたが、
メイクの仕方、コンタクトレンズの入れ方をあの子に教えなから、
楽しい時間を過ごしました。


今年は、あの子と一緒に、食事は出来ませんでしたが、
例年とは、また違った楽しさがありました。


ハロウィンイベントを羨ましがる私に、


誰だか分からないくらいに仮装して、
行ってみればいいじゃん


あの子に、こんなことを言われました。


私ひとりでは、そんな勇気はありませんが、
密かに、イベント好きな私。


もしも、あなたが側にいてくれたのなら、
一緒に仮装して、
こっそり、覗きに行ったのかも知れませんね。


もしも、あなたを誘ったのなら、
私たちは、今夜、
どんな仮装を楽しんだのでしょうか。


夕方、学校から帰ったあの子は、早速、ゾンビに変身して、
嬉しそうに出掛けて行きました。

 

楽しい思い出が、たくさん出来るといいですね。


時代の流れと共に、新しいものを発見しながら、
きっと、この先も、
あなたと一緒に見てみたかった景色が、増えていくのでしょう。


あなたのいるその場所からは、どんな景色が見えますか?


遠く、遠く、離れていても、
私と同じ景色が、見えているのでしょうか。