拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

コトバ -これから春を迎えるキミへ-

昼間のやわらかな陽ざしが

暖かくて気持ちがいい

 

春を感じられる陽気になってきたね

 

彼を送り出して

2回目の春を迎えるキミは今ごろ

ただ目の前にある試練と必死に戦っているところだね

 

今のキミはまだ

もうすぐあの日を迎えることを

知らずにいるんだ

 

晴れた空

暖かくて気持ちのいい陽ざし

 

そう

あれは5月のとても暖かな日だった

 

夏が大好きなキミにとって

2番目に好きな時期のはずなのに

あの日だけは何かが違ったんだ

 

山積みになった

やらなければならないことを全部放り投げて

何時間そうするつもりなのか

空を仰ぐ銅像にでもなったかのように動かないまま

ボーッと空を見上げる

 

そうして

キミはどこか遠くへ

逝きたいと思ってしまうんだ

 

どこまでも

どこまでも

深い闇の底まで堕ちていく

 

死にたいわけじゃないけれど

生きたくない

 

そんなことを考えていたあの日

泣いていたのか

泣くことさえ出来ずにいたのか

鮮明な記憶が残っていないあの日のキミは

まるで別人だったんだ

 

私はキミに

敢えて頑張れとは言わないよ

 

だって

もう充分に頑張ってる

 

だから

キミは大丈夫だよ

とだけ伝えておくよ

 

あれから2年と10ヶ月後のキミは

今ここに生きている

 

残念ながら

彼を想いながら辛いことも

泣いてしまうことも

今のキミと変わらないけれど

未来のキミは

時々後ろを振り返りながらも

頑張って前を向いてる

 

そう「頑張って」前を向いてるよ

 

今のキミが忘れてしまった夢を思い出して

再び自分らしさを取り戻すことが出来た

 

夢?年甲斐もなく?

なんて君は言うのだろうか

 

夢を持つことに

年齢なんてあまり関係ないのかも知れないよ

 

いや絶対に関係ない

 

いくつになっても夢は持った方がいい

私はそんなふうに思っているよ

 

キミには

これからも乗り越えなくちゃいけない壁が

いくつもあって

 

あーぁ もう嫌だよ

 

そんなふうに途方に暮れてしまう時もあるけれど

キミはちゃんとここまで来れたよ

 

だから大丈夫

安心して堕ちておいで

 

キミがここに辿り着く頃

私は何処にいるのだろう

 

少なくとも

此処じゃない何処かにいたいと思っているよ

 

先へ

先へと歩みながら

今度はきっと

ここにいるキミを想うのだろう

 

よく頑張ったねってキミに称賛の言葉を送りながら

私はここに辿り着いたキミに

新たに伝えたいことを見つけているのかも知れない

 

私は私のペースで歩を進めながら

キミがずっと

自分のことを信じることが出来るように

ここから先も懸命に頑張るよ

 

大丈夫だよ

 

キミはね

きっと

キミが思っているより

ずっと強いんだよ